2018年01月21日

おせち

 年末になると、テレビの料理番組などでは、おせち料理のうち何品か特集しています。昨今、おせちは、「作る」から「買う」に変化しているそうです。残暑の頃からおせちの予約販売をしている店もありますし、有名料亭の高価格帯のおせちが飛ぶように売れていることなど、今やおせちは「買う」のが一般的になっているのだと思います。 たしかに、夫婦共働きなどの世帯だと、おせちを作る時間がそもそもないと思います。本格的なおせちを手作りするとなると、材料調達などの時間も含めると1日以上はかかるのではないでしょうか。また、高齢者世帯では、おせちを手作りするとなると体力的にきついのではないでしょうか。さらに、材料費を考えると、野菜、魚、肉を買うとなると結構な予算がいることになります。このように、おせちを一から手作りするとなると、時間的・金銭的負担がかかることが考えられます。それならば、おせち(奮発して高級料亭のおせち)を購入した方が、同じ金銭的負担がかかっても時間的負担がかからないだけましということになろうかと思います。 これからも、おせちは「買う」という流れが強くなっていくのではないかと思います。それでも、おせちのうちのいくつか・・・「紅白なます」、「お雑煮」、「煮物」などを手作りすることで家庭の味を次世代につなげていきたいとも思っている今日このころです。
  


Posted by こんも at 08:57Comments(0)

2018年01月19日

家族で初詣

今日は元旦だったけどずーっと家でダラダラ過ごししまった。夕方頃に上の子が初売りに行きたいって言うからやっと重い腰を上げて準備していざ近くのショッピングモールへ?遅く出かけたからそんなに人いないかなって思ったけど以外に人多くて疲れた。。子供達の買い物に付き合ってから帰りに初詣に行こうって話になって神社に行ったんだけど、ライトアップも何もされていなくて流石に怖くて家のすぐ近くの神社へ。そこも真っ暗だったけど小さい神社だしせっかく神社はしごしたんだからここに行こうと参拝。真っ暗だったけどセルフのおみくじがあったので子供達と私で引いたんだけど、上の子がまず始めに開けて大吉!下の子のを見たら下の子も大吉。この流れは私も?なんて淡い期待を胸に開けたら。。。小吉。笑まうん、こんなもんだよね。
  


Posted by こんも at 09:44Comments(0)

2018年01月18日

すぐ作れるクレジットカードの注意点

一般的にクレジットカードを作ると申込みから2週間ほど時間がかかりますが、中には即日発行出来るクレジットカード会社もあります。即日発行でも申込みから受け取りまでの過程は申込みカードによって様々です。即日発行、即日受取OKという所はほとんどインターネット申込みで、申込みの時間の短縮を図り審査を素早く行います。そこから郵送で受け取る即日発行、指定されたカウンターで受け取る即日受け取りがあります。注意点としてはクレジットカードに申し込む前にクレジットカードの申し込み資格を確認する事が肝要です。クレジットカードの申込み資格は安定した収入がある方が作る事が出来るのですが、学生や主婦でも申込みが可能な場合もあり様々ですので、自身に当てはめて確認する事が良いです。旅行を控えていたり新しいクレジットカードをイベントまでに用意したい、すぐにでもクレジットカードを財布に入れておきたいという方にはすぐ作れるクレジットカードを選ぶ事が良いです。さらにこれからクレジットカードを使用するに当たって、魅力ある他のサービスも盛り込まれているので、カード会社にもよって異なりますのでしっかりチェックする事がおすすめです。
  


Posted by こんも at 09:53Comments(0)

2018年01月14日

年始に家族集合

私は昨年8月に離婚してひとりになった男性です。二人の娘がいます。元日、毎年私の実家に私と私の弟家族が集まって、賑やかに過ごすというのが慣例になっていますが、私が離婚したため、今年は私ひとりでの参加になると思っていました。しかし、元奥さんが、離婚しても娘たちは私の子供であるし、私の両親にとっての孫であることには変わりないからと言ってくれ、私の実家に娘たちを送ってきてくれました。元奥さんはもちろん不参加ですが、ふたりの娘たちに会って一緒に食事したり遊んだりすることができて、とても嬉しく思いました。私の両親もとても喜んでいました。離婚はしたものの、今後もこのような機会が多くあれば良いなと思います。
  


Posted by こんも at 09:34Comments(0)

2018年01月12日

同窓会!

年末に高校の同窓会がありました!社会人になりたての頃は頻繁に集まって会社の愚痴や恋バナをしていたけど、ひとり二人と結婚して子どもが出来ていくうちになんとなく疎遠になってたので、久しぶりの再開でした。卒業してから全く会っていなかった人もいたので、すごく懐かしかった?会う人会う人みんなに「変わってないね?!」と言われたんだけど、それってつまり幼いままという事・・・?気になったので、どんな所が変わってないのか聞いてみたところ、高校の頃『明るくてニコニコしてて話しかけやすい人だったけど、今も変わらずだなーと思って!』とのこと。そういう意味での変わってないなら嬉しいなぁ、と思った同窓会でした!
  


Posted by こんも at 16:41Comments(0)

2018年01月11日

多忙なお正月にもチャレンジ精神で

元旦に彼の豪華寝台列車『四季島』がやって来た。年末年始はお泊まりの来客が続き、とても忙しい。しかももてなしで疲れ切っているので、見物に出かけるのはとても無理、と諦めていた。しかし心の片隅にはその事が気にかかり続けていた。一生に一度かもしれない、この後自分は生きているのだろうか、それを見逃してしまってはいけないのではないか、徐々に気持ちが高ぶってきていたのです。前の晩、二、三度目覚め、四季島を思いました。すると、目覚ましも掛けずに六時半過ぎに目覚め、汽笛を聞き、飛び起きてしまったのです。そうなるともう何が何でも見に行かねば、とお顔をざんぶと洗い、洋服に着替え、すっぴんで外へ駆け出していたのでした。四季島はゆったりと動き出し、集う人々に車体をじっくり眺めさせてくれました。誰も彼もその美しく珍しい列車に大きく手を振っていました。無邪気な童心に返ったように、それが何よりも楽しい瞬間でした。
  


Posted by こんも at 09:00Comments(0)